ものづくり.com

レーザー加工の魅力について

レーザーの特徴

男の人

微細な加工に

レーザー光線は集光性に優れています。また、指向性も強いので、ピンポイントで照射することができるのです。とくに、微細な金属加工を得意としています。ミクロンオーダーでの加工も問題なく行なうことができるでしょう。

精密な作業

レーザーでの加工の特徴として、加熱エリアが小さいことが挙げられます。その為、熱を与えた時に変形する部分を最小限に抑えることができるのです。基本的に加工村が出にくいのです。薄い板などを加工するのに向いています。

エネルギーの密度

レンズによってレーザー光線を集光することができるので、エネルギーの密度が高くなります。エネルギー密度が高まることで、材料を問わずに加工が可能になるのです。金属以外にも、服の材料を同時に加工することができます。

深い溶け込み

溶接にレーザーを用いる場合は、溶け込みを深くすることができます。溶接継手の幅が広がるのです。一般的な溶接に比べると、ビート幅が狭いのが特徴と言えます。溶接による変形や歪みも少ない、綺麗な加工が実現できるでしょう。

能率が高い

基本的にピンポイントでの溶接が可能なため、余計な時間をかけずに加工が行なえます。切削や溶接のスピードを上げることができるでしょう。レーザーの照射部を動かすことで、イニシャルコストを下げることも可能になります。

多くの業者が利用

レーザーによる金属加工は一般的になりつつあります。作業効率を格段に上げることができるからです。また、精密な作業が行えるようになるので、製品の品質も向上させることができるでしょう。コストも下げることができ、安い費用で製品を作ることができるようになります。

広告募集中