ものづくり.com

どのような工作機械が使われているのか

工作機械について

工場

旋盤

機械で金属加工を行なう際に、最も使用されている工作機械と言われています。円柱状に加工した金属材料を回転させ、刃を当てながら削るのです。様々な加工が可能で、特に精密機械に使われる部品を作るのを得意としています。

フライス盤

刃物を回転させることで、固定された金属材料を切削します。材料は専用のテーブルに固定されており、三方向に動かすことができるのです。刃物を変えることによって、様々な加工が可能になります。段加工や切断、溝入れも行えるでしょう。

NC旋盤

コンピュータ制御された旋盤です。汎用旋盤では一軸のみ自動送りをすることができます。ですが、コンピュータ制御されているNC旋盤なら、自動送りを二軸同時に行なうことができるのです。その為、球面加工やテーパー切削が簡単にできます。

ミニマシニングセンタ

数値制御工作機械の一つで、工作物を取り替えずに何種類もの金属加工が行えます。プログラムを組むことで自動的に複雑な加工を行なうのです。ATCによって工具を取り替える手間が省けるので、作業効率が格段に高まります。

ボール盤

主に金属の穴あけ加工行なう工作機械です。機械加工では、代表的な機械の一つと言えるでしょう。基本的に、ドリルを使って金属に穴を空けるのです。ドリルを交換することで、穴の大きさや種類を変えることができます。

広告募集中